国葬まわり~コスプレだけ念のため保存

安倍元首相の国葬が開始、国会前では抗議集会【随時更新】 - 弁護士ドットコム

あとは射的があったとか。なかなかね。

 

しかし、両論併記はうんぬんの論法、ノーディベートうんぬんの話からして、弁護士ドットコムは山上コスプレを許容しているということか。

 

よくわからないがメモ

 

めも~パパ活とは? 宗教を始めて信者を集め、壺を売るのと同じ?

画像

めも

 

+わくわく



**

一周回ってリベラルというのは正義のため人権侵害も厭わない人たち、ただしその「正義」が妥当かは?みたいな感じの世の中ーーというか、新左翼のころからリベサヨは変わらないと捉えるべきなのかどうか
引用ツイート
 
 
 
@260yamaguchi
·
三浦瑠麗が嫌いなのはわかるが、統一教会の信者かどうか明らかにせよとか、執筆媒体から特定の教団に所属していると決めつけるといった言語道断の人権侵害にリベラル派が加担してはならない。 twitter.com/TomoMachi/stat…

スノーピーク反応めも

このあたりは擁護派、あとは、「女性だから」派かな。

 

批判派で強いのは、夫が不倫した女性とか。

 

 

このへんは微妙なところか

ジャンル?

 

 

**

まあ、不倫され妻はどう考えても嫌う。独身女性は応援?みたいな

 

ついでに

追記。

しかし、「男の社長は、不倫で相手に子供ができても辞任しない」というのは本当なのだか。オーナー社長ならそうだろうけど、雇われ社長だとそうも行かない気も。

 

追記2

不倫激おこパターン

 

**別件

画像

 

2つ言える気がして ・変人や癖がある人間ほど、金や高い地位という確かなものを求める。で、何だかんだ金持ちは常識がない、タガの外れた人間が多い ・どんどん社会は非寛容・階級社会になっていて「常識」のない人間を排除するので、日本語に違和感がある=文化資本・道徳資本がない人間は避けるべき

金持ちには人格者が多いのか、人格破綻者が多いのか?

ある日のヤフーめも~経済オンチと、国際記事の弱さと

 

台風 これは大変

キッシーがエリザベス よくわからんが

「教会」ってのは統一教会

ワクチン関連

最低賃金 → 「“年収130万”の壁…10月から最低賃金引き上げも恩恵なし?「もうあまり働けない」【家計クライシス】」で、実は配偶者控除

スポーツニュース1

スポーツニュース2

芸能ニュース1本

 

いや、8本あって、気象、外交(もしくは社会面)、社会面(ぎり政治)、経済?、経済(社会面)、スポーツ他ってので、まあこれが日本か。あるいはヤフーニュースか

 

たとえば国際面

 

フランス、ロシア、ウクライナアゼルバイジャンアルメニアウクライナ、ロシア、英国、英国ーーと。まあこれも欧州に偏っているとも言えるが、アゼルバイジャンアルメニアの「軍事衝突」なんてトップニュースじゃないの?

経済も、中国電力の赤字。企業物価とか、そのへんかなあ、重要なの。

 

まあ、ヤフーになにを気にするのか、というところか。国際ニュースとか気になるなら、

こういうウォールストリートジャーナル日本版とか見たほうがいいと。

**

追記で、

時事通信だと、NY株式市場について2つ重複して送っているくらいなのと、アメリカの消費者物価指数だと。ヤフーって経済オンチなのか。

日経も風力発電はあるが、アメリカ市場がね。

ただ、ヤフーもよく見たらニューヨークダウのグラフ自体はあると。記事がない、ってあたりか。あと、国際面の更新頻度が低いと。

Pさんめも~なるほどね、と

https://twitter.com/PCR59970042

要はわりとモテる。金はそんなにないのかもしれないが。で、結構、女に冷たいと。

 

このへんなんかも

 

とはいえ、このへん興味深い。

 

まあ、パパ活女子も金が全てではないと。そして、ある意味で「趣味」として自分の方針を変えずに活動するというのが一つの在り方だと。

フリーのソープ嬢か。

久しぶりにアンチフェミなメモ~2022/9/10ネット巡回にて

まず、朝ヤフーニュースで読売の記事を読んで(統一教会関連)、そこからリンクがあったこれ

[人生案内]夫婦生活なく 夫が離婚切り出す : 読売新聞オンライン

>40代のパート女性。夫とのセックスレスについての相談です。

>先日、夫から「セックスレスがつらいので離婚してほしい」と言われました。私は1日3時間ほどのパートなので離婚されたら生活に困りますし、子どももいるので離婚は避けたいと思っています。しかし、夫婦生活のことを考えるだけで気持ちが悪くなり、できません。

>夫の姿を見ただけで痴漢に遭ったような嫌悪を感じ、無視してしまいます。でも家庭を壊すことはつらいです。(山口・W子)

 

有料記事で回答は見れないのだけど、うーん、たとえば、

>ここ数年は、夫が家にいる時は自室にこもって顔を合わせません。

という気になる記述も。

 

要は愛情もないし、顔も見たくもないのだけど、金のために離婚は避けたいという40代パート主婦の悩みなのだが、40代ならまだ元気だろうし働けよ、と思う。離婚してあげなよ、と。

仮に子供が10年後とかに成人したとして、その時どうなるのか。まあ離婚もあるだろうし、と。

小島慶子 「セックスできるママ」手放したくない男たち:日経xwoman

こっちは日経新聞のサイトで見た記事。

>経済的・精神的に自立した妻に別れを切り出されることを、男たちは心底恐れて男女格差を放置する

>蓮舫議員の離婚を揶揄(やゆ)する記事をいくつか読んだ。男性向けの媒体では「傲慢で身勝手な女」と言いたげだ。男たちは、離婚を恐れているのだろう。子育てが終わり、精神的に自立した妻に別れを切り出されることを心底恐れている。そうされかねないことを分かっているから「男を捨てる強い女はクソ女」というスティグマ=烙印(らくいん)を必死で押そうとするのだろう。

>蓮舫氏のケースに限らず、離婚を決意した女性を悪者にしたがるのは、自立した人生観を持たず、妻というお世話係に見捨てられたら生きていけない男たちである。

 

前の読売の記事が「経済的に自立していない女」の話なのと対照的。読売の40代パート主婦は、「経済的に自立した夫から別れを切り出された」わけだが、精神的な部分でもなというか「夫を嫌う」ということでうまく自分を被害者にしてバランスをとってる感じもあった。

まあ、同じことは日経の記事のライターにも言えて、ミサンドリーで読者をつかんでいるというか、男が悪いというところで自分を被害者ポジションに持って行って、それで精神的な優位性を持っている、感じだと。

 

まあつまり、「経済的・精神的に自立している」と自称していようと、経済的に自立できていない場合だろうと、被害者ポジションを取ろうとするのが女で、フェミだと。

(40代男で「私は1日3時間ほどのパートなので妻に離婚されると困る」なんて言う奴がいてどうか? 男女で体力差はあるとしても)

 

だから、

>経済的・精神的に自立した妻に別れを切り出されることを、男たちは心底恐れて男女格差を放置する

という文言は、間違っていて、

 

経済的・精神的に依存している夫に別れを切り出されることを、女たちは心底恐れて女=弱者というポジションを手放さない。結果、男女格差は維持される

 

だろうか。具体的には、配偶者控除の範囲内でしか働かないパート主婦の存在が、日本全体の時給を押し下げているというのもあるし、女性の収入を統計レベルで下げていると。

結果、男女格差は維持される。女自身の行動が、男女格差をキープするようになっているのだ。そして、「パートで3時間」以上の労働をしようとしない。

 

あのさ、パートで3時間を週4として、月50,60時間程度でしょう。月200,300時間労働している男と収入差が出るのは当たり前じゃない? 女の労働時間の短さが、男女の収入格差になっている。これをフェミはだいたい隠すのよね、実に不誠実な連中だ。現実を歪めようとする。(ただ、「時給」換算での男女差もある。専門職や管理職の少なさが原因)

 

>蓮舫氏のケースに限らず、離婚を決意した女性を悪者にしたがるのは、自立した人生観を持たず、妻というお世話係に見捨てられたら生きていけない男たちである。

 

こちらも言い直すなら、

 

離婚を決意した男性を悪者にしたがるのは、自立した人生観を持たず、夫という扶養者に見捨てられたら生きていけない女たちである。

 

かな。問題なのは、女の依存心の強さだろう。経済的な面で特に。

 

**

しばらくパパ活について調べて、色々とメモを残してきたのだけど、性的魅力(魅力資本・エロティックキャピタル)で稼ぐということと、「妻」という立場で夫の稼ぎで生活するのと、実は同じだと。

さすがにパパ活は短期的なもの、下手したら1回限りの関係で、結婚というのは数十年単位のもので違いはあるものの、「金と顔の交換」と小倉千香子は言ったがより直接的に言い直すなら「金と身体の交換」というのでは近い。

 

もちろん人間にとって「時間」というのものが重要なのを無視してはいけない。1時間だけ顔を合わせた相手と、何十年も一緒に過ごす相手が、枠組みとして似ていても、同じと言えるか?言えない。

なのだけど、「マンコパワー」でパパ活をやるパパ活嬢と、「マンコパワー」で結婚して、「1日3時間」しか働かないで済むポジションを得るパート主婦(世の中には専業主夫もまだ数百万人いる)と、何が違うだろうか?

 

**

ま、もちろん夫婦の数だけ関係性は違うし、労働の負担、経済的な負担、精神的な負担、も異なると。基本的には、通勤時間も含めるなら家事労働含めて男女はイーブンに落ち着いてるっぽいのだけど、フェミはどうしても女の負担が多いとしたいと。まあそこはいいや。

 

***

まとめると、

小島慶子 「セックスできるママ」手放したくない男たち

という記事があったが、これは「ママ」=家事を行う人ってことかな。で、最初の読売の記事を論評するならこうなるだろう。

 

「(セックスなしの)パパ」を手放したくない女たち

 

うーん、「パパ」は本来はセックスを求めてこないものだし(求めるなら児童虐待)、うまくハマらないな。

もっとアンチフェミで行こう。

 

「ATM夫」を手放したくない女たち

 

もしくは

 

性的に認めない夫を手放したくない女たち

 

だろうか。そして、それはパパ活女子(茶飯嬢)も含めていると。

 

2022/09/06めものみ

猪瀬直樹議員、朝日新聞を提訴 セクハラ指摘「名誉毀損」(共同通信) - Yahoo!ニュース

 今夏の参院選で街頭演説中、女性候補者の胸元付近を触った行為を「セクハラ」と指摘した記事や本文中のコメントで名誉を毀損されたとして、日本維新の会参院議員で作家の猪瀬直樹氏が6日、朝日新聞社上智大の三浦まり教授に計1100万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。猪瀬氏の代理人弁護士が明らかにした。

 

 

・たとえば女児に対して(男児でも)、許可なく触る大人がいるとすれば、それは本人が「問題ない」としてもNG
・同じ構図で、猪瀬候補が女性候補に「触って」いたと(そう見えただけとも)。で、日本の学級委員長こと朝日新聞が「セクハラ」と指摘
橋本聖子の「逆セクハラ」のときもだけど、立場が弱い側が我慢するというのはある。男でも女でも。
・ただ、猪瀬氏って胸触りたくてああいうことやったの? 過失はあったにしろ、故意というかそんな意図あったのかいな。
・まあ、猪瀬氏に非はあるにしろ、「セクハラは人権侵害」とか普段から言ってるリベラルが、安易に他人を「セクハラ」と決めつけるのは、それこそ人権侵害で名誉棄損かもなあ。