読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェミ案件~akbの歌詞に批判集まる「アインシュタインよりディアナ・アグロン」

もはや追う気力も関心も薄れたが、フェミ案件。とはいえ、炎上というほど話題になってないか。
熊本地震と時期が重なったと、HKT48というマイナーグループの、かつシングルのB面の歌詞というマイナーさもあるか。騒ぐほどのことじゃないと。

http://mess-y.com/archives/29624?read=more

http://r25.jp/entertainment/00050212/

http://armdivcl.hatenablog.com/entry/2016/04/15/005848

http://girlschannel.net/topics/717724/5/

しかし、「オジサン」と批判するのはよくて、「オバサン」と批判するのがダメというのは性差別だろうが、まあ、関わらないのが一番か。

がるちゃんでコメントしてる人いるが、女のハイパーガミーと女性蔑視はセットというのはある。小倉千賀子の「結婚は金と顔の交換」的に考えるなら、勉強するより容姿に気を使うのは、戦術として正しいかも。まあ、女性の自立を目指すフェミからすれば違うだろうが。


「どんなに勉強できても
愛されなきゃ意味がない」

ここに批判があるが、一面では真理というのが痛いところ。たとえば、歌ってるのが男だとしてどうだろうか?

まあ、異性愛に価値を置きすぎるのもどうかとは思うけど。。

暇ができたら、山田詠美「僕は勉強ができない」あたりを引用して論評してみるかな。