読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェミ案件?~AV女優VS人権派弁護士ってところ+DMM+女犯

フェミ案件

news.livedoor.com

 

NPO法人ヒューマンライツ・ナウ」(以下HRN)の発表した「アダルトビデオ(AV)強制出演」に関する報告書が、さらなる波紋を呼んでいる。発表後、業界内を知り尽くした元人気AV女優や現役女優らが、報告書の「偏り」や調査不足をフェイスブックで指摘したのだ。

加えて、AV出演は「職業安定法、労働者派遣法上の『有害危険業務』」というHRNの認識にも言及。仮にそうなら、AV業界は非合法となり、違法行為に確信的に従事する女優も取り締まり対象となる可能性が高いことから

「AV女優の人権には、(HRN代表の)伊藤(和子)氏らは本当は興味すら無いのかもしれませんね? 女性の人権は守りたい。しかしAV女優の権利は、むしろ剥奪したい」
とも書いた。」

 

 と議論。

 

人権屋によるAV強要キャンペーンをあっさり否定するAV女優たち - Togetterまとめ

 

まあ、伊藤弁護士は前から色々と話題を振りまく人で、そこはまあいい。

 

で、やまもといちろう、と、DMM会長の亀山氏の対談。

 

 いろんなビデオに出られてる女性とかいらっしゃるじゃないですか。、そういう人たちの将来ってどうお考えなんですか? 僕らはそこらへん立ち入ることはほとんどなくて、「彼女たちどうなったのかな?」って個人的な興味を持っているのです。

 AV女優の娘たちのことでしょ? うん、いろんな人がいると思うけど、どちらかというと不器用ないい娘たちってイメージかな。器用な娘だったらキャバクラに行きますよ。悪い男にひっかかる娘もいると思うし、女優を目指して頑張ってる娘もいる・・。その後、彼女たちは、別の仕事についたり、結婚したり、いろんな人生を歩むと思うけど、まあ、特別視する必要はないかなと思います。たぶん人によっては彼女たちを同情的に見る人もいるのかもしれないけど、そもそも同情っていうのは基本的に自分が上から見てる目線なので。

 確かに……。

 彼女たちからすれば逆に「ほっといてくれ」って話だと思うんですよ。結構みんなそれなりに真剣に自分の人生やってると思いますよ。あと「AV嬢はすぐヤラせてくれる」っていうイメージを持ってる人もいると思うけど、とくに尻軽ってこともなく、仕事は仕事として完全に分けてやっていこうって娘が多いんじゃないですかね。

 けっこうプロの意識がちゃんとある人がいるんですね。

 それはどこの世界でも、そういう娘もいるし、そうじゃない娘もいると思うけど、あえて一般女優とAV女優ってそんな線引きする必要ないって気はしますけどね。

 

 まあ、実際のところ、「人権派弁護士」の描くストーリーのように、強要されたり自分で正常な判断ができなくてAV出演する「弱者」女性というのもいるだろうと。同時に、亀山会長の言うように、プロとしてそういう仕事を選んで、稼ぐ女性も当然いる。

 どちらが多いかというとよくわからないが、実のところ、フェミニズムはAV(ポルノ)関係では、当事者から反発を受けたり、支持を得なかったり、というのがある。

 

【書評】お蔵入りの真実『封印されたアダルトビデオ』 | EGweb.TV

この『女犯』は1990年に第1作がリリースされ、その後、「V&R」のドル箱シリーズとなるが、フェミニズム団体を中心とする人々から強いバッシングを受ける。とりわけ『女犯2』は、女優も演技ではなく素で嫌がっているようにしか見えなかったことから非難の的となり、この作品が契機となって92年にAV女優を保護する団体「AV人権ネットワーク」も生まれた。(

 とあるが、

AV(アダルトビデオ)女優の人権について活動している団体の情報を知りたい、また関連資料を知りたい | レファレンス協同データベース

AV人権ネットワーク(1992年~現在は活動していない)

 

と、活動していなかったりと。

 

ポルノ・買春問題研究会 -

 

 ここの団体だと、

“ポルノや売買春は、本人たちが自分の意思でやっているのだからとくに問題はない”という意見があります。 この考えは「性的リベラリズム」と呼ばれ、性的に解放された・先進的なというイメージをもってメディアで広く喧伝されてきました。

しかし、当事者たちに「自己責任」を要求するその論調の陰で、多くの女性や子どもたち、時には男性ですらも、ポルノや売買春によって心身に深い傷を負いながら、その被害を訴えることができずにいます。

 

わかりやすいが、要はあなたがたは被害者なのだと。そういうストーリーが出来上がっているわけだ。

 

 まあ、全くもってナンセンスとまでは思わない。18歳未満の児童買春を法律で罰するというところだと、「被害者」とするのも、まあいい。このあたりはフェミニストのストーリーも世間の合意を得られた。本人の自由でやっていようと、18歳未満は売春するな、と。ある種のパターナリズムか。

 これが18歳以上(高校生はNG)となると、まあ確かに18歳は幼いが、じゃあ何歳で線引きするのかというとキリがない。

 

 自分はまあ、現在の線引きの通り、18歳以上(高校生除く)は自分の判断で行動しろ、という意見。悪質な業者を取り締まれ、というのはそうだと思うが、あまり規制を強める方向に話が進むのには反対、といったところです。