読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日刊ゲンダイ(講談社)って

ちょっと気になったので、


アベノミクスの失敗で中小企業を中心にリストラと倒産が続出する恐れ - ライブドアニュース

 

アベノミクスの失敗によって、すでに中小企業を中心に「円安倒産」が急増している。東京商工リサーチの調査によると、14年1~11月の「円安関連倒産」は301件に上り、13年から2.7倍に急増している。現在、経営が行き詰まっている中小企業は30万社もあるとみられている。1月からバタバタと潰れかねない。東京商工リサーチ情報本部長の友田信男氏はこう言う。」

「(それらの中小企業は)資金需要が増える年始、年度末を乗り切れるかは不透明です

春先以降、景気が急速に悪化するのは確実だ。不況下の物価高という最悪の事態に突入し、世相も荒廃していくだろう。

 という記事。

 

 要は、アベノミクスで恩恵を受けているのは大企業だけで、中小企業(庶民)はひどいめにあっている、といった記事なのだが、


Yahoo!ニュース - 2014年大型倒産ランキングトップ5 あの会社はなぜ倒産したのか? (ZUU online)

「2014年の倒産件数は11月末までで8,533件と、2013年の倒産件数1万332件と比べると17.4%の減少。これで5年連続前年を下回り、リーマン・ショック後、最も少ない件数となった。負債総額は1兆6,885億5,400万円、2013年の負債総額2兆7,575億4,300万円と比べると、1兆円以上も少なく、38.8%の減少となった。公共工事の増加や、消費税率の引き上げに伴う駆け込み需要の増加により、建設業の業績が向上し倒産が減ったこと、また、円安効果により輸出関連企業の業績が好調なため、製造業と卸売業で倒産が減ったことが主な要因だ。」

と、去年は倒産は少なく、「円安倒産は急増」というのもわけがわからない主張となる。嘘というわけではないが、「倒産は17.4%減少しているが」というのが抜けていて恣意的。

 

 まあ、「日刊ゲンダイ」だから、とスルーするのが正しい態度みたいだ。

 

 正直、スポーツ新聞、夕刊紙というのは、ぜんぜん守備範囲外で、買ったことも数度しかない。芸能ニュースで気になったものがあって、というところ。

 なので、何の根拠があって「リストラと倒産が続出する恐れがある」としているのだか混乱するのだけど、ライブドアニュースのクオリティということか。

ニュース配信元一覧 - ライブドアニュース

ニュース提供社 - Yahoo!ニュース

 雑多なライブドアニュースに対して、Yahooのほうは結構絞っている。

 

 いい加減な記事を読んで、時間をつぶされるのは勘弁ですね。まあ、たまには、こうやって情報を整理して自分の知力を試すためにも、読むべきなのかなとも思うけど。

 以下、軽く備忘録程度。講談社やら、スポーツ新聞・夕刊紙の行方についてまとめようとも考えたが、新聞雑誌は衰退、マンガはまあ残る、書籍もそこそこ、ってところか。

 

日刊ゲンダイの評判。 

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1369958877/

 

 講談社の決算は下記。2005~2010年は営業赤字。社長が変わったのもあるが、最近は「進撃の巨人」で業績が良いとか。

新文化 - 出版業界紙 - ニュース特集「決算」