読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日2社落ちるとさすがにへこむ

「慎重に選考を進めた結果、誠に残念ながら、
今回は貴意に添いかねる結果となりました。」

 

と1社は書類選考で落ちる。こっちは転職サイトからの自己応募。

 

 もう1社は数日前に面接で、感触はイマイチ。いやでも、もしかしたら期待も込めて厳しめの対応ということなのか、とモヤモヤしていたものの、

 

「緊張していたのかもしれないが、積極性が感じられなかった」

とかいった理由で断られる。

 

 こちらはエージェントを通しているので、断りの理由が具体的に書いてあるのだ。

 直接応募と違って、間にエージェントを挟むと、金額交渉などがやりやすいのと、駄目なら駄目な理由も聞けて、それはそれで参考になる。企業側も直接断らなくていい、というのはメリットなのかな。

 面接側のエージェントの利用は無料で、成功報酬になるのか、企業側が金を払うという形だ。

 

転職成功実績No.1。転職ならリクルートエージェント | 転職支援サービスのリクルートエージェント

 しかし、もうね、自分の企業社会からの評価の低さや、人材としての価値の低さ、中途半端さ(書類はそこそこ通る)、あとは何だろう、人間性? コミュニケーション能力? 人見知りする部分ーーこれはどうしたらいいんだ? だって、初めて会う相手に緊張するのは仕方ないだろう!  というか、全般として自分自身の未熟さに嫌気が射しているというのがあります。なかなか社会に適応するというのは大変です。  まあ、落ち込んでいても仕方ないので、明日面接のところと、月曜に面接の会社のサイトでも見て研究します。