大宅文庫めも

最近めもすらせず。

https://www.sankei.com/smp/premium/news/151206/prm1512060020-s.html

「国内に流通する雑誌をほぼすべてそろえる専門図書館大宅壮一文庫」(東京都世田谷区)。戦後を代表する評論家、大宅壮一氏(1900~70年)がマスコミや一般市民に開放した施設だが、インターネットの隆盛で利用者が激減。26年度は4000万円を超える赤字を計上し、運営がピンチに陥っている。」
まあ減るわな。

https://news.yahoo.co.jp/byline/iidaichishi/20150813-00048459/

「便利なのは検索システムWeb OYA-BUNKOだけであり、それはほかの図書館でも利用可能である
僕も仕事柄、調べものに過去の雑誌をあさりに出かけることもあります。しかし、もっぱら使うのは都立多摩図書館国会図書館です。」

とヤフー個人の記事。

めもーITほか

http://unicomconcierge.blog83.fc2.com/blog-entry-1084.html?sp

水天宮

http://www.csc-mind.org/sm/about.html

特殊清掃

https://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/basics/msdotnet/msdotnet_04.html

ドットネット

https://more-news.jp/article/detail/37669

代理出産

http://alfalfalfa.com/articles/236355.html?utm_source=alfalfa&utm_medium=toptop
未来学?
http://www.hitachi-hri.com/column/c006.html

未来ね。

https://cocoic.club/trial-hearing

裁判

https://www.photolibrary.jp/img194/78675_1272650.html

地裁

http://partyon.jp

なんかの番組で見たパーティーディスコ

https://www.amazon.co.jp/司法試験予備試験-論文式で合格答案を書く方法-鬼頭政人/dp/4502289418/ref=pd_rhf_dp_s_bmx_1_3?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4502289418&pd_rd_r=e71a0d37-43f6-49a0-9da1-0527ea7eb45a&pd_rd_w=QsA5c&pd_rd_wg=z7gFH&pf_rd_p=310c2309-b52f-4587-82dd-cd57d1e8a3ff&pf_rd_r=RDD5TTKHCTAKAF42RQ6Y&psc=1&refRID=RDD5TTKHCTAKAF42RQ6Y

予備試験本

https://megalodon.jp/2013-0613-2327-17/blog.livedoor.jp/yamaguchirico/archives/51788594.html

やまぐちりこ
「そして最後に。
私事になりますが
いま結婚して、幸せに暮らしています。

私、超~~~元気\(^o^)/

今、とっても幸せです。

夢が叶えば幸せだと
あの時は思いこんでいたけど
いろんな事が幸せだと感じる今、
幸せの形が変わってきました。
これから先、
たくさんの幸せをもっとみつけます☆

だから心配しないでね!!
またどこかでお会いする機会が
あるかもしれませんが
いまはこの生活を大切にしたいです。
だから優しく見守ってもらえると
嬉しいです。


カウンセリング

http://cbtcenter.jp/room/company/c_security.php

IPメッセンジャー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4710454.html?from=recommend

情報戦と弁護士とめも

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190124-00191744-diamond-soci

「企業や有名人の報道対策アドバイザーを多く務めた経験から言わせていただくと、「弁護士広報の典型的な失敗例」という言葉に尽きる。

 小室さんのような有名人や政治家、あるいは大企業が何かしらの疑惑やスキャンダルが持ち上がると、まずすがるのが顧問弁護士などの「法律のプロ」であることは説明の必要もないだろう。法廷闘争も見据えた問題の場合、どういうことを主張して、どういうことを口走ると不利になるのかというアドバイスは必要不可欠だからだ。

 それはそれでまったく正しい対応である。しかし、そこで記者会見や反論声明などの、いわゆる危機管理広報まで弁護士センセイが仕切ってしまう――つまり「弁護士広報」をおっぱじめると、たいがい事態はややこしくなる。というより、筆者の経験上、炎上してしまうケースが圧倒的に多い。

 弁護士さんは法律のプロではあるのだが、「情報戦のプロ」ではない。そのため、世論や報道トレンド、そしてメディアのリアクションなどを無視して、法廷で相手を論破する時のような独善的なもの言いや、世間の共感を得られない、形式的なコミュニケーションへ走りがちだからだ。

 小室さんの声明文からも、そんな「弁護士広報」の匂いがプンプンと漂う。もちろん、それは小室さんが弁護士を目指して日々勉強中ということも無関係ではないだろうが、その独特の「話法」と「論理展開」には弁護士の入れ知恵が見え隠れする。」

つまり、問題解決の中で、法律問題はその一部だと。法律は重要、でも、それだけでは問題は解決されず、弁護士は「情報戦」では役立たずだと。
いやはや

「(1)メディアに切り取られる「傲慢な表現」を用いてしまった
(2)断定的なもの言いで、暗に対立相手を「嘘つき」と攻撃してしまった
(3)社会通念上、まずあってしかるべきの「感情」がない」

というのが問題だと。リスクコミュニケーションね。

秋葉原事件めも+花柳さん

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10127652880?query=加藤優次

https://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/f59215dad124e3aa7f17edc0397d9b6d

http://www.kotono8.com/wiki/秋葉原通り魔事件掲示板書き込み5月19日

https://www.amazon.co.jp/東拘永夜抄-加藤-智大/dp/4826505914/ref=cm_cr_arp_d_product_sims?ie=UTF8

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/エド・ゲイン#cite_ref-1

https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/451.html

https://s.webry.info/sp/madonna-elegance.at.webry.info/201405/article_21.html

BEMSめもー個人用

https://digital.asahi.com/sp/articles/TKY201309070370.html

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/BEMSアグリゲータ

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1309/18/news018.html

http://sii.or.jp/bems/first.html#section09

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1309/18/news018.html

水力?
https://wired.jp/waia/2018/09_atsushi-shimizu/

ちょい発電も